通勤路の途中に野良の三毛猫がいた。
勝手に名前をつけてみ〜ちゃんと呼んでいた(お手軽ですが)、野良だけど通行人に可愛がられ、近所の家から朝ごはんをもらっていた。
でも、その家が建て替えで取り壊し&移転することとなった。
野良猫のみ〜ちゃんには当然おうちはありません、愛され猫だったので通行人に餌をもらったりテリトリーの中の一軒ではお皿のご飯とお水を玄関先に用意してもらい好きな時に食べていたようだ。
みーちゃんと初めて出会ったのはいつだったのか、初めは、「あっ、猫がいる」、触りたいなぁ、野良ちゃんだから無理だなぁ、でも触りたいなぁ。
通勤路の途中定位置に座ってのんびりしているみ〜ちゃんを見かけると、なんとなく安心してホッとするようになった。
写真を撮ろうとしたらぷいっとされてしまった。
夫婦で利用しているポンインとサイトです。 ここから登録してもらえるとうれしいですね。
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。 にほんブログ村 旅行ブログへ