今日もるうはぱ、と一緒に駅に向かっています、み~ちゃんはいつものところにいるかなぁ~。
おっ?み~ちゃんたら何か食べてるぞ、この道を通る誰かが、み~ちゃんにエサ持って来たんだ。
野良ちゃんだから自分でご飯調達しなきゃならないけど、猫好きなご近所さんがみ~ちゃんのために持って来てくれたのね。
そかそか、と思いながらもなんだかみ~ちゃんに浮気された感が・・・。
スポンサーリンク
み~ちゃんともっと仲良くなりたい、すりすり側に寄って来てほしい、通勤路で行き帰りに見かけるだけでまずは満足だったのに、段々と欲望は大きくなる一方。
スポンサーリンク
思いついたのは…餌付け。
語感があまりよろしくないけど、野良ちゃん生活のみ~ちゃんに振り向いてもらうのはこれが一番かも、でも、ねぇ。
夜のスーパーのペットコーナーで立ち止まり、また次の日も同じようにペットコーナーで立ち止まり、結局何も買わずに帰る、そんなことを繰り返す毎日。
餌付けできないままの毎日、朝み~ちゃんを見かけるとやっぱり誰かから餌をもらってる、いいなぁみ~ちゃんと仲良くできて。
み~ちゃんは野良ちゃんだから今まで自分で何とかごはんを探して生きてきた。だから私があげるのは余計なお世話になるかもしれない、でも、私もごはんあげたい…

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。