昨年からSFC修行をするためにいろいろ調べているとANAは夏になると羽田沖縄間を深夜一往復飛ばしていることを情報として持っていたので、機会があればこの深夜便「ギャラクシーフライト」に一度乗ってみようと思っていた。
20160728_125206415_iOS.jpg
つれあいのるうと今年の夏の旅行はどこへ行こうかなんて考えている時に、そうだギャラクシーフライトで沖縄に行こうと相談してみると、また沖縄??今年は修行で10回沖縄行ってるよって言われた。
そか、るうは今年正月から3ヶ月間で沖縄に何回も行ってる、んじゃ別のところがいいかなと再考するが、ここに行きたいが見つからない。
くっぱの頭はもうギャラクシーフライトで沖縄に行く気持ちになっている。
そんなことでどうした物かと相変わらず容量の少ないくっぱの頭をフル回転させて、ギャラクシーフライトを使い沖縄で乗り継いで石垣に行こうと思いついた。
旅程的にもなんとかなるのでるうを口説いて桶をもらった、しばらくして石垣行くなら、沖縄で何泊かして美ら海水族館に行きたいと言う話になり、結局ギャラクシーフライトで沖縄到着後3泊して帰って来ることで夏の旅行は落ち着いた。
スポンサーリンク
前置きが長くなったがギャラクシーフライトと言っても、フライト自体は普通に飛んでるんだけど、出発時間が22時55分、到着は翌日の1時40分、眠いよね。
くっぱはるうとANALOUNGEで待ち合わせ、仕事の関係でるうは出発当日までお仕事、くっぱは休みなので朝からいろいろミッションをこなし、夕方から二台のキャリーを引きずって羽田に、るうが修行してくれたおかげでエコノミーに乗ってもラウンジが使えるのでまったりと過ごしながらるうの到着を待っていた。
るうも残業なく仕事が終わり19時過ぎには合流して、居酒屋ANALOUNGE状態でビール飲んでまったり。
スポンサーリンク
21時になるとラウンジも閉店、出発まで後2時間、那覇空港の滑走路工事のため10分ディレイ、ぷらぷら散歩したり時間をつぶし、優先搭乗開始、着席して早速寝る体制になるが興奮して眠れない、結局到着直前にうとうとしただけで沖縄に着いちゃいました。
それにしても子供連れが多い、夏休み期間になって沖縄に遊びに行くのか、小さい子供は元気だから朝から目一杯遊びまくるだろうけど、大人は大変だよね。
今回の搭乗時に出来れば修行僧の人たちを確認したかったけど、あっこの人修行僧って思える人はいなかったな。
そんな事でギャラクシーフライトの感想は「ねむい」、これを修行に使うなら当然那覇空港をタッチして帰って来るだろうから、戻り便でしっかり寝ちゃえば翌日の仕事はなんとかなるかな。
今回くっぱは二台のキャリーを自宅から運んできた、まぁ持ち込めればそのまま持って機内に入ろうと思っていたが、手荷物は基本一人一個、つれあいのるうの分までキャリーを持っているので機内持込2個はまずいだろうと、二台のキャリーを預けることにした。
まぁプライオリティのタグがつくから手荷物受取のレーンから早く出てくることがわかっているし、深夜到着だけどタクシーは行列しないことが分かっていたのでラクしてみた。
20160728_174603061_iOS.jpg
到着後手荷物受取レーンに並んで人をかき分けさっさと荷物をピックアップして、ホテルチェックインして後は朝まで爆睡でした。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。