くっぱが韓国ソウルに行くには簡単に羽田から出発するか、成田なんだけど、つれあいのるうの教えでLCCには乗らないことにした。
SFCホルダーでもあるのでもっぱらANAを利用している。
スポンサーリンク
ソウルまで行くのに往路は問題が無いんだけど。復路が問題。
くっぱは何度か道に迷った事がある、一度は金浦空港駅で改札が見つからなかった、二度目は国内線と国際線を間違えて出発ギリギリで飛行機に滑り込む様に搭乗したこともある。
スポンサーリンク
金浦空港の駅って深いんだよね、そんなことで自分のための覚え書き。
ソウル駅から金浦や仁川に行くときは空港鉄道を利用する、この空港鉄道もソウル駅での乗り換えが大変、4号線のソウル駅を降りてから空港鉄道のソウル駅まで、10分以上かかり乗り換え時間を甘く見ていると、とんでもないことになる。
イメージできると思うけど東京駅の中央線から京葉線に乗り換えるくらい時間がかかる。
空港鉄道のソウル駅に着いたら今度は乗車位置の問題、下車駅で迷いたくなかったら、仁川に行くなら進行方向一番前の車両に乗ればいい、終点で降りれば目の前にエスカレーターがあるのでそれに乗れば間違えなく改札にたどり着き、仁川空港に着く。
金浦空港に行くなら進行方向一番後ろの車両、金浦空港駅で降りれば目の前のエスカレーターをまっすぐ乗り継いで改札に出る。
以前はソウル駅で適当な場所で乗車していたため、金浦空港の駅でエレベーターに乗ったりエスカレーター乗り継いで迷う迷う。
まぁくっぱも経験値が上がって来たのでここ二回ほどは迷ってないけどね。
一応写真付きで解説してみる、参考にしてもらえればくっぱも幸せです。
空港鉄道を進行方向一番後ろに乗り、金浦空港駅で降りたら目の前にあるエスカレータに乗る。
ひたすらエスカレータを乗り継ぐと改札があり、改札を出てすぐに左に行けば国内線、右に行けば国際線って書いてあるので迷わず国際線の右へ。
国際線の方へ右に曲がるとすぐ、小さなセブンイレブンがある、ここはプリペイドSIM売ってるので、ソウルに着いたときに購入してもいい。
途中ロッテモールの案内があるけど10時30分がオープン、時間があれば一回りしてもいいかも。
入り口はこんな感じオープン前で暗い。
その後はひたすら動く歩道を行けば金浦空港の到着ロビーに出る、ここもまた長い長い。
もう一息で動く歩道も終わり、左に曲がると最後の看板がある。
この看板で右に曲がりエスカレーターを登れば金浦空港の到着ロビーに出る。
あとは簡単、1個上の出発ロビーでチケットもらえば桶。
搭乗までラウンジで時間潰してもいいし、出国手続きしてから免税店を見て回るもよし。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。