搭乗開始時間が過ぎこれから乗り込む人もまばらになったころくっぱの朝食は終了、さて帰るかな。
朝食はこれで10,000ウォンってビックリする内容、まぁ空港だから仕方がない、復路に機材はLCCのエアソウルちっともLCCらしくなかったけどね。
スポンサーリンク
 座席の広さはいい感じ
空港に着いてからいろいろあったけど取り敢えず無事に搭乗できた、自分の席に座ってまずシートピッチにビックリ、LCCだから狭いと覚悟していたけど、元々今回乗ったエアソウルの機材はアシアナが使っていたものでシートピッチとかはアシアナの時のまま、設備もそのまま使っている。
20171105_004814000_iOS.jpg
USBがあったのはよかった。
20171105_011129000_iOS.jpg
 LCCなのに機内食もあった
くっぱはアシアナ発券のチケットでエアソウルに乗ったので機内食のサービスもあった、ホテルで朝食を食べるときには野菜のない朝食を普通に食べるくっぱには拷問のような機内食だったが、つれあいのるうに写真見せたら機内食のサービスはANAなら変更出来るから野菜たくさんの機内食お願いしよだって。
20171105_013730000_iOS.jpg
20171105_013817000_iOS.jpg
 雲の写真撮りながら
窓側の席が確保できたので雲の写真撮りながら成田まで約2時間、そこそこ快適に帰ってきた。
以前LCCのバニラエアとか使った時は二度とLCCは乗らないと思ったけど、エアソウルなら往復の金額で2万切ったら使ってもいいかな、たかだか2時間だし、成田と仁川ならプライオリティパス使えるからラウンジには困らない。
20171105_012041000_iOS.jpg
20171105_024941000_iOS.jpg
仁川には3時間くらい前に着いて余裕を持ってチケット入手すればいい、次にエアソウル乗るならそうしましょ。
20171105_015748000_iOS.jpg
 LCCだから沖止めか
成田に到着してから結構長い距離を移動して時々停まる、近くに移動用のバスが見える、ありゃ沖止めかまぁいいやって思っているうちにボーディングブリッジが見えた、よかったよかった沖止めでバスだとまた時間かかるし座席の確保に競争だからね。
20171105_032806000_iOS.jpg
 なぜか食べたくなる長崎皿うどん
1タミに到着、東京まで帰るためにアクセス成田に乗る、1タミや2タミから乗ると満員で乗れなかったりするのでいつも3タミまで行き始発に乗ってくる、ここなら気に入った席に座れる。
スポンサーリンク
朝ご飯がまともに食べられなかったし、機内食もビビンバがよかったのに野菜のプレートそりゃお腹空くでしょ、3タミで食べましょ、いつも通りリンガーハットの皿うどん、なぜか帰国時に3タミにくると長崎皿うどんが食べたくなる。
20171105_042624000_iOS.jpg
ちょっとだけお昼の時間がずれていたのですぐに注文できた、前回なんか長蛇で注文するのに20分とか30分かかりそうだったのであきらめたこともあり、今回は満足満足。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

夫婦で利用しているポンインとサイトです。 ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。