旅費40円で沖縄一泊旅行ってタイトルで以前書いたけど、今回長崎二泊三日を旅費20円で予約してみました。
スポンサーリンク
20円で予約する方法やなぜ20円なのかってことは旅費40円で沖縄一泊旅行を読んでもらえばわかると思う。
さて、元々つれあいのるうが長崎に行きたいって前々から言われていたので、毎年るうの夏休み期間に合わせて出かける旅行を今回は長崎にした。
去年は沖縄で、美ら海水族館とか行ってきたし、一昨年は仙台、その前は香港だったかな、今年はどこに行こうかと話し合いしてみたら即答で長崎になった。
Old_Glover_House_Glover_Garden_Nagasaki_Right.JPG
さぁここからはくっぱが旅費を検討する番です。
単純に航空券が二人で6万円、ホテル代が二泊を予定しているので4万円、合計10万円捻出しなきゃいけない。
航空券はくっぱはだいぶ前にソウル→羽田→長崎→羽田→ソウルの発券しているので、ここでは考えなくてもいいんだけど、相変わらず容量の少ないくっぱの頭をフル回転させて、いろいろ考えてみた。
まず、ホテル代は去年の後半にるうがうっかりくっぱの口車に乗って、ホテルにリフレッシュしに行ったことを利用して、IHGのキャンペーンを絡めて「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」を二泊分出来るポイントがあった。
スポンサーリンク
これは使わなきゃってことで、ホテルはるうの名前で予約完了。
次は航空券、やっと3月25日以降の料金が発表になり、さて予約しちゃおうかなって時にSkyコインに換えるマイルが足りなかった。
少ないマイルで交換するとやっぱりSkyコインも少ない、30,000マイル交換すれば45,000Skyコインになる、20,000マイルじゃ28,000Skyコインなので長崎往復するにはちょっと足りない。
そこでもう一度相変わらず容量の少ないくっぱの頭をフル回転させていろんな所からマイルをかき集め、すぐにでも予約したいんだけど30,000マイルにしてからSkyコイン交換して航空券を予約した。
Skyコインに換えてからは10,000円の飛行機代なら9,990円分Skyコインを使い、10円だけクレカで決済、これが往復で20円。
こうすることで利用付帯状態が出来た。
国内旅行も安心安心。
さて、ホテルも飛行機も確保した、あとはどこを観光して何を食べるか、夏まで時間があるのでゆっくり探してみます。
軍艦島とか行ってみたいなぁ、「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」からならグラバー園や大浦天主堂なんか徒歩圏内、すばらしい立地。
gunkan.jpg
まぁ20円って言っても、食事代や空港やホテルまでの交通費もかかるので、実際はもっと経費がかかる。
だけど最初に書いた飛行機代が二人で6万円、ホテル代が二泊を予定しているので4万円と見積もって、合計10万円が必要ない。
マイルは日々の生活で貯まるし、ホテルのポイントはくっぱの趣味もあるけど修行や、るうがリフレッシュしにホテルに泊まったときにもらうポイントとキャンペーンをうまく利用すれば一年で2泊とか3泊分を無料で泊まれるだけのポイントは貯まる。
実際にるうが去年泊まった分の費用の合計より「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」を普通に二泊予約する方が高いんだよね。
貰えるものは貰っとけ、貯められるものはちまちまでもいいから貯めておけってことですね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。