SIMフリーを持っていると海外に出かけたとき現地のSIMを使うことが出来る。
スポンサーリンク



国内のキャリアの馬鹿高い海外パケットを使う必要がないのは非常にメリットであることは間違えない、くっぱの使い方ならあっという間に上限の2,980円に到達しちゃう、2泊3日なら9,000円近い金額が請求されることになる。
これじゃ、いくら航空券やホテルを安くしても通信費だけで下手すれば片道の航空券代になっちゃう。
去年の夏の頃はdocomoが海外1dayパケを使い放題にして24時間980円にしていた、ちょうどくっぱが韓国に遊びに行く時期と重なったので使ってみたかったけど、いろいろ検討して結局使わなかった。
この海外1dayパケも期間が延長になっていた、これはauが世界データ定額を提供していることの対抗施策だとは思うけど、これでも2泊3日で2,940円、使い方次第では1,960円で済むとは思うけどねぇ。
まぁ、海外でのスマホやあいぽんの使い方については以前からいろいろあるので、くっぱも相変わらず容量の少ないくっぱの頭をフル回転させて安くする方法は考えてある。
簡単に電話転送させちゃえば桶、流れはこんな感じ。
誰かから電話がかかってくる。
 ↓
かかってきた着信をIP電話に転送
SmarTalkとか050の番号を持ってないと転送できないので注意。
 ↓
たとえばSmarTalkなら世界中どこにいても通信さえ出来れば着信する。
これで通話については通常の着信と同じなので無料で通話出来る。
普段から国内で格安SIMを使ってる人もこのIP電話はメリットがある、同じIP電話同士なら無料で通話できることや時間あたりの料金も安い。
格安SIM使った家族間の通話とか仲のよい人との通話にはもってこいって感じ。
以前はまともに着信できないとかバッテリの消費が激しいとかIP電話も問題があったけど、あいぽんのiOS10からCallkitのおかげで普通に使える。
カケホのプランに加入していたらあまり関係無いし、まぁLine電話でもFaceTimeオーディオでも十分。
くっぱみたいに友達少ないと電話するところも無いけどね。
スポンサーリンク



んじゃ、通信はどうよってことだけど、ずっとSIMフリーを使っているので海外なら現地のプリペイドSIMとかタイのローミング出来るSIMを使えばいい、くっぱは韓国用に一つプリペイドSIMの契約をここ二年くらい継続して持っている、これは通話も出来るしデータ通信も出来るので韓国ならこのSIMを使う、ほかの国なら入国前に調べて安いの探すけどね。
IP電話ならデータ通信専用のプリペイドSIMでも問題なく通話できるので、桶。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。