以前購入したアジア14カ国で使えるタイのSIMを香港で使ってきた。

スポンサーリンク




 

 SIMの交換は搭乗前に
随分前にSIM交換を機内でやってたらSIMを落として四苦八苦したことがあり、SIMの交換はラウンジとか搭乗前にするようにしていたんだけど、すっかり忘れて搭乗。
機内食が出てきたときに思い出して無事交換完了。
やっぱり搭乗前に落ち着いて交換した方がいい。
 入国前に開通
飛行機から降りるとすぐにあいぽんの電源を入れ、キャリアを捕まえたことを確認して開通。
今回は48時間使えればいいので「*111*356#」に電話、すぐにSMSが来て通信が使えるようになった。
香港でローミングするキャリアからもメッセージが来た。
 48時間で900MB
実際2日間香港に滞在したんだけど、どれくらい通信使ったのかなと確認してみると、約900M、前回韓国で使ったときはもっと少なかったけど、慣れていない香港だからこんなものかな。
んじゃ、48時間の費用はいくらだろう、119バーツなので日本円でだいたい400円、このSIMが維持できるなら他のプリペイドSIM買うより安上がり
 次は韓国
香港から帰ってきて約2週間後、韓国に行く予定がある、今回の韓国は2泊3日、滞在時間が香港の時と変わらないのでまた48時間で何とかなるかな。

スポンサーリンク




 

このSIMは最初に購入するときは1,500円程度費用がかかるけど、うまくTopUpしていけば安く使えるので実にありがたい。
 アジア周遊ならおすすめ
このSIMはチャージさえあれば8日間(196時間)使うことができる、例えば台湾→香港→マカオ→香港→シンガポール→日本とか回ると一度あいぽんのデータローミングをオンにすれば後は設定いらず、楽ちん楽ちんTopUpも開通も簡単なのでくっぱ的にはおすすめです。
TopUpの方法はここを見てください
開通には
2日間用(48時間)→ *111*356#
8日間用(196時間)→ *111*354#
1回理解してしまえば簡単簡単

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。