AIS SIM SIM2Fly を期限延長

忘れた頃に書く日記
アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード AISのSIM2FlyをTopUpしてみた。
スポンサーリンク



なんでTopUp
元々このSIMはくっぱが韓国に遊びに行くときにSIMフリーのあいぽんに入れて使うために購入したもの、一応使い終わったものを3枚持っているんだけど、差し替えて電波を拾った1枚を試しにTopUpしてみた。
近々に香港と韓国に行くことになり、香港用に安いものと韓国用に同じSIM2Flyを購入しようと思っていた。
香港用と韓国用で2,000円ちょっと費用がかかる、まぁそれはそれでいいんだけど、どうせなら新しいものを買わないでSIMの期限延長しちゃえばいいじゃん、ってことで相変わらず容量の少ないくっぱの頭をフル回転させていろいろ調べてみた。
Google先生に聞いてみるといろいろ出てきたので早速試してみた。
SIM2FlyのSIMってどこで使えるの?
このSIMはアジア 14ヶ国で使うことができて香港と韓国で使うことができる、他には日本、シンガポール、マカオ、マレーシア、オーストラリアなどで使える、詳しくはここで確認してください。
20170318_074359000_iOS.jpg
これまで何回か購入して使ってみたけど全く問題なく使うことができる、実際に試したのは韓国とオーストラリアのシドニー、今度行く香港は調べたけど実績がない、香港はこのSIMより安いのがたくさんあるからね。
あいぽんの設定は?
SIMフリーのあいぽんで使うことが前提なんだけど、SIMを入れ替えてデータローミングをONにすれば電波を拾って通信ができるようになる。
設定は不要、実に楽でいい。
TopUpの手順は
んな事で手順を書いてみる。
まずここでアカウントを作成
リンクさせてあるので画像をクリックすれば繋がります
アカウントができたらログイン
電話番号を入れてTopup Now
チャージする金額を決めて
次の画面でクレカの入力画面
くっぱはVプリカを使った
Vプリカなら何か問題があってもVプリカにチャージされている金額以上の被害には遭わないし、VISAの認証サービスを経由するのでセキュリティも高い。
チャージ完了まで少し待たされる
チャージが完了するとメールとSMSで完了の通知がくる
今回500バーツと50バーツをわざと2回に分けてチャージしてみた
1回のチャージで1ヶ月期限が延びるようだ
あとは飛行機の中でSIMを差し替えて現地に着いたら決められた番号に電話して利用開始
スポンサーリンク



ちなみに2日間用と8日間用がある、必要な滞在時間に合わせて電話すればいい。
例えば2泊3日で滞在が48時間以内なら2日間用でいいのかな、8日間用なら192時間使えるようです。
これなら毎月50バーツずつチャージして期限延長して次にどこか出かけるときに使える、今回50バーツチャージしたけど日本円で176円、チャージした分は利用開始まで減らないから実にすばらしい。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
夫婦で利用しているポンインとサイトです。
ここから登録してもらえるとうれしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
ランキングに参加しています。良かったらポチってください。